Google+
2017-09-19

第五回ビール祭り開催申請が市役所にて却下

ビールフェスティバル (オクトーバーフェスト) がキャンセル


[ペタリンジャヤ] ― ドイツのオクトーバーフェストをもとに2012年よりクアラルンプールで開催されているベタ・ビア・フェスティバル (Better Beer Festival) が取り消しとなることを正式発表。

[写真引用:  Star Online]





クアラルンプール市役所 (DBKL) は、ビール祭りとしてマレーシアで最大のイベント開催申請が却下されたことを確認。

イベント許可申請をだしていた主催者側は、無認可でイベントを開催する場合、必要な措置がとられるとの警告を受けたことを伝えた。

クアラルンプールで、2012年に始めて開催されたベタ・ビア・フェスティバルには約200人が参加。昨年10月のフェスティバルでは3,500人のクラフトビール愛好家がパブリカ・ショッピング・ギャラリーに集合。

来月10月6日〜7日開催予定であったフェスティバルには、世界中43箇所の醸造所から250種類のクラフトビールが各国からの食べ物と同時に展開される予定で、約6,000人の参加が期待されていた。

また、イベントでは、飲酒運転予防のため UBERと提携したプロモーションコードも提供され、すべてが計画的に準備されていたもの。

申請が却下された理由とは?

野党最大の全マレーシア・イスラム党 (PAS) が、このイベントをクアラルンプールをアジア最大の堕落的な都市とおとしめる「恥ずべきパーティ」であると非難し、また、次の点を指摘。

  • 犯罪、フリーセックス、レイプなどがおきないという安全保証があるのか
  • フェスティバルは非イスラム教徒の観光促進のためでイスラム教徒は対象外である
  • しかし、イスラム教徒が参加しないという保証はない

不認可意見に対する反論





全マレーシア・イスラム党 (PAS) の指摘を受け、マレーシア華人協会 (MCA) Datuk Seri Ti Lian Ker 議長は、市役所の決定が一環していることを示すために取り消しの理由を全面的に提示するよう促した。

マレーシア人民運動党 (グラカン) Andy Yong 副議長も、突然のキャンセルは公正ではないとして、世界中で開催されているビア・フェスティバルでは懸念の事件も報告されておらず、どうして堕落的なパーティ(vice party) であるのかと回答を求めた。

また、民主行動党 (DAP) Datuk Zaid Ibrahimは、この取り消しは「民主的な生き方」を侵害しており、また、全マレーシア・イスラム党 (PAS) がとなえる「罪、堕落的行為 (vice)」とは、彼らが気に入らないもののことであると指摘。

これらに対して、全マレーシア・イスラム党 (PAS) 副議長 Datuk Iskandar Samadは、党としては「マイナスの影響 - negative influences」をもたらすものと信じている為、このフェスティバルに反対していると述べた。

また、彼は、このフェスティバルへの反対意見は、非イスラム教徒のアルコール摂取に対する異議であるなどと混合するべきではないことも伝えた。

それは彼らの権利である。しかし、このフェスティバルを開催することで、マレーシアをアルコールのある旅行先であるとして推進することは別のものである、と主張。

[記事参照: The Star Online]
[翻訳/要約: Tropicallife]

イスラム穏健派としてのマレーシアの政党







このビールフェスティバル開催申請の却下から、数年前にジョホールバルで禁止通達がでたプールパーティがあったことを思い出しました。

しかし、そのイベントは、役所機関へのイベント開催申請がなかったばかりでなく、ソーシャルネット上で、半裸の女性にはドリンクを無料で提供するなどの条件を提示して宣伝してあったこともあり、宗教上の問題だけではなくモラル、公共マナーに反する要因がありました。

このイベント取り消しに関しては、他民族、他宗教を受け付けないような過激的発言がおおいかなと思える全マレーシア・イスラム党 (PAS) の存在の大きさがきになります。

穏健派であるマレーシアの主だった政党から、どちらかというと煙たがられているようにみえていたこの党、去年からその位置づけが拡大しているようにおもえるなかでのこの決定。

マレーシアの首都であり、海外からの観光の第一目的地であるクアラルンプールの市役所が、他党の真っ当に思える賛同意見に反して、全マレーシア・イスラム党 (PAS) の主張をとりあげなければいけなかった事情から、これまで、イスラム穏健派としての主張を示していたマレーシアの今後の行方が気になるところです。

マレーシアの政党に関しては、以下のリストよりそれぞれ Wiki 日本語版の説明があります。


クリック応援おねがいします
にほんブログ村 海外生活ブログ マレーシア情報へ
にほんブログ村 教育ブログ 海外教育へ


翻訳内容を含めたサイト内記事の無断転載、無断コピーなどはご遠慮ください。一部引用、転載の際の連絡は不要ですが、引用元として当サイトへのリンクを追加ください。



関連記事: